ちょっと困った時の活用術!できる主婦編

主婦として毎日家族のためにがんばっていると「今月ちょっと足りない!」なんていう非常事態もありますよね。

 

 

 

電気代がちょっとずつ高かったり、食費が少しずつかんさんでいたり、子どもさんの急な出費で予定がくるっちゃうなんてこともあると思います。

 

 

 

一番厳しいのはやっぱり結婚式が重なったときかもしれません。

 

 

 

もちろん予定の支出として出費には組み込んでいるけれど、結婚式って女性が行く場合ご祝儀だけの問題じゃないってところがちょっと辛いところです。

 

 

 

自分の洋服や美容室そのほかにももろもろかかってしまうから結構堪える出費になります。

 

 

 

アルバイトやパートはしているけど、子どものお世話もあるからフルタイムでがんばっていたころと比べるとどうしても収入は少なめになってしまったし、ご主人さんの理解も薄めの中がんばっているあなたに「ちょっとだけ足りない月」に役立てることができるのが30日間無利息のキャッシングです。

 

 

 

30日間無利息なわけですから、30日以内に返済が終わってしまえば元本だけで済むのでそれはありがとことです。

 

 

 

ちょっとだけ足りない月をすんなりと乗り切る「できる主婦」になれる方法をお話してみたいと思います。

 

 

 

ご主人さんに知られてしまうと心配かけちゃいそうと思うあなたへ安心の方法をご紹介します。

 

 

 

 

 

じつは今は主婦のアルバイトやパートの収入でもきちんとした収入がある場合キャッシングの審査に通ることは多いのです。

 

 

 

ご家族に心配をかけずに時々押し寄せる「今月ちょっと足りない」波を乗り切る『できる主婦』になってみませんか。

 

 

 

 

 

?安定した収入があるかどうか

 

 

 

もちろんこれは重要になってきます。

 

主婦でも十分な収入(アルバイトやパートでも)があればキャッシングの審査には通ることが多いので安心です。

 

 

 

日ごろ家族のためにがんばってるあなたの努力がこういうところでも役に立つんですね。

 

 

 

 

 

?勤務先への在籍確認はちょっと困るそんなあなたへ

 

 

 

勤務先への在籍確認ってやはりちょっと抵抗がありますよね。

 

小さな規模でがんばっている会社の一員としてアルバイトやパートをしているとなおさら気になってしまいます。

 

 

 

デリケートな部分だからこそ職場で周囲の人の耳には入れたくないと思ってしまうのはあたり前のことだと思います。

 

 

 

そんなときに在籍確認を直接勤務先にせずに審査をしてくれるととても助かると思いませんか?

 

 

 

給料明細や社会保険証を利用すれば勤務先への在籍確認としてもらえてキャッシングの審査を受けることができる場合があります。

 

 

 

たとえば給料明細であれば2か月分手元に用意したらその会社できちんとお仕事をしているということになるので、先月と先々月のものを用意して在籍確認の資料に代用して審査を受けてみましょう。

 

 

 

そして申し込むときにはきちんと「会社への在籍確認は困るのだけれど」という気持ちをしっかりと伝えましょう。

 

 

 

そこをきちんと伝えておかないと通常の審査と同じ流れで会社に在籍確認の電話が掛かってしまうなんて事になってしまったら後悔してしまいますよね。

 

 

 

 

 

○どこで伝えればいいか

 

・審査を申し込んだときの折り返しの電話

 

・自動契約機の中で話しているとき

 

 

 

この2箇所で伝えることが必要になります。

 

 

 

このときに資料として必要になるのが2か月分の給料明細か社会保険証になるのできちんと手元に用意して置く必要があります。

 

 

 

「在籍確認は困ってしまう」そんな相談がしやすいのはやっぱり「プロミスのレディースキャッシング」じゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

?家族に内緒で借りることができるかどうか

 

 

 

ここも大きく気になるポイントですよね。

 

 

 

特に何も悪いことをするわけでもないのですが、ご主人さまに知られて余計な心配をかけたくない、そんなことを気にせずに日々のお仕事をがんばって欲しいですものね。

 

 

 

家計を守るのが奥さまであるあたなの使命だと思ってらっしゃる『できる主婦』のあなたならなおさらです。

 

 

 

 

 

スマホから審査の申し込みはできるので家族に内緒での審査の申し込みは可能です。

 

 

 

そして個人の確認の電話も自分の携帯電話の番号を登録すればそこに掛かってくるので家族が電話に出てしまうなんていうことも起こりえないですよね。

 

 

 

利用明細もスマホで確認することができるので、郵便物でばれてしまうなんてことも無く安心できます。

 

 

 

 

 

?キャッシングってやっぱりちょっと怖い

 

 

 

はじめてのキャッシングではそう思ってしまうのも仕方ないことだと思います。

 

 

 

そんなあなたにおすすめなのが『プロミスのレディースキャッシング』です。

 

 

 

ここまでにお話した3つのポイントも『レディースキャッシング』ならすべて完璧です。

 

 

 

キャッシングの相談となるとやはり気持ちも重くなりがちですが、そんなときには女性オペレーターが優しく対応してくれることで話しやすさや相談のしやすさも増すはずです。

 

 

 

プロミスのレディースキャッシングのオペレーターならあなたの声に不安を感じたら「なにかお困りのことはありますか?」と優しくたずねてくれるので不安で話したいことがうまく話せないなんて状態になってしまっても話しやすく言葉を促してくれるのはとてもうれしいことです。

 

 

 

女性ならではの細かい配慮であなたの「はじめてのキャッシング」をきちんとサポートしてくれるので怖いという気持ちはなくなるはずです。

 

 

 

キャッシングが怖いというイメージはすこしは払拭できたでしょうか?

 

 

 

 

 

?借入限度額を少なめに申し込む

 

 

 

キャッシングをするときにこれもとても大切なことになります。

 

 

 

今必要なのはちょっとの金額なんだけど、また困ったときのために少し大目の限度額で申し込んでおきたいなと思う方もいると思います。

 

 

 

使わないだろうけど安心のためにちょっと多めの金額を限度額にして審査を申し込んでしまうと審査に通りにくくなってしまうこともあるのです。

 

 

 

審査を受けるときには限度額は低めに設定しておくとすんなり通ることもあるのです。

 

 

 

 

 

貸す側のリスクとしての「貸し倒れ」とうリスクがあるので審査を無事に通過するために必要な配慮として低めの金額を申し込みましょう。

 

 

 

ようは「この人にこれだけの金額を貸してもきちんと返してもらえる」そんな安心の金額を提示することが大切です。

 

 

 

目安として10万円に設定してみるといいかとおもいます。

 

 

 

 

 

ここまで5つのことをあげてお話してきましたが、これらすべては『プロミスのレディースキャッシング』ならできることなのです。

 

 

 

『できる主婦!』でいるためにほんの少しだけプロミスのレディースキャッシングの力を借りるそんな瞬間があってもいいと思いますよ。

 

 

 

業界ではじめて女性のためのキャッシングを始めた「プロミス」だからこそできる女性への手厚い配慮、ぜひ一度女性オペレーターとお話してみませんか。

 

 

 

ときどきくる「困った」を「大丈夫」にかえるために!